伝える × ネット

f:id:feelsomeat:20160411212827j:plain

 最近誰かに手紙を書きましたか?しかも直筆で。年賀状以外で(笑)

 僕がドライバーをしていた時は会員の方へメッセージを残して納品するケースがあり、小さいノートや付箋を持ち歩いていました。内勤になってからは専らメールです。字もきれいではないので、確実に伝わるようにPCでメモを残すことがほとんどです。

 夏休みの宿題で日記を書くというのがありました。その日にあったことを、”思い出し笑い”をしながら書いていたことに懐かしさを感じます。インターネットを始めて”ブログ”というものに出会ってから、少しだけその頃を思い出しました。

 始めたきっかけは「友達がやっていた」というただそれだけのこと。ただ、広島から福岡に出てきた僕は、その友達が元気でやっているんだと知れる唯一の情報源でした。始めるまでは特に休みの日に何するわけでもなく、ダラダラしていたのですが、ブログを始めてからは書くネタを探すために、とても活動的な生活に変わったのを覚えています。その友達に読んでもらうために。

 "blog(ブログ)"とは”web(ウェブ)”に"log(ログ)"、つまり「日誌」を時系列で残すという造語です。ネットに公開することで、様々な情報を伝えることや、その逆に情報を得ること、さらにいつでも見返すことができるような備忘録としてなど、使い方は様々です。

 産直クラブでは生産者の想い、スタッフが実際に生産者と話して感じた事、また自分のお気に入りの商品など、ドライバーは担当ニュース、企画部では表紙やコラム、そして会員の皆様からの声は産直夢広場にて伝えています。Facebookでもイベントなどの様子や報告、援農や取材に行った際の一コマを切り取って掲載しています。またWebページには、イベントの様子を動画として撮影したものを編集して掲載しています。

 ”文字を書く”ということはとても少なくなりましたが、”誰かに伝える”ということは減ることはありません。そしてその伝え方はより簡単に、より遠くに、より多くの人に、しかも今まで以上に早くなりました。逆に伝え方にもより気を付けないといけないと感じています。

 レシピや活用方法、生産者の声など「カタログを見るのが楽しみ!」と言って頂けるような紙面づくりを目指して、アイディアを出し合っています。これからのカタログにご期待ください。

広告を非表示にする